変数(var)定数(let)と型変換

トップページ » 変数(var)定数(let)と型変換

10 Jun 2014 13:12公開

このセクション紹介する主な機能は

  • letは定数、varは可変を宣言します。
  • 明確なString(変数)でインスタンスを作成して型変換します。
  • \(変数)で文字列中に型変換して埋め込みます。

シンプルな値

値と変数

値はlet定数、var変数で定義します。
型は自動的に識別されますので、ほとんどの場合は明確な定義が必要ありません。

var myVariable = 42
myVariable = 50
let myConstant = 42

初期情報十分ではない場合、コロンで型の定義もできます。

let implicitInteger = 70
let implicitDouble = 70.0
let explicitDouble: Double = 70

型の変換

型の変換は暗黙に行われません。変換の必要の場合、明確なインスタンスを作って変換します。

let label = "The width is "
let width = 94
let widthLabel = label + Stringwidth

文字列への変換はもうひとつシンプルな方法があります。
\(と)で囲い込むことです。

let apples = 3
let oranges = 5
let appleSummary = "I have (\ apples ) apples."
let fruitSummary = "I have (\ apples + oranges ) pieces of fruit."

シリーズ

記事のリスト

  • 変数(var)定数(let)と型変換

レーティング

評価: 0+x
当サイトコンテンツライセンスについて個別な指定がなければCreative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Licenseをベースします。転載や引用は大歓迎です。但し、転載・引用・二次利用の場合は当サイト記事へのURLをリンクし出典を明記してください。各作品を大切にして下さい。 また、記事及びコメントを投稿する皆さまも上記のライセンスを理解した上投稿して下さい。 当サイトのコンテンツは皆さまの投稿で作成されますから、当サイトの意思を反映しておりませんが、第三者の知的財産権などの侵害がある場合、当サイトの運営担当にご連絡ください。