自動参照カウント(ARC)

トップページ » 自動参照カウント(ARC)

20 Jun 2014 03:05公開

スウィフトは、アプリケーションのメモリ使用量を追跡、管理するための自動参照カウント (ARC)を使用しています。ほとんどの場合、これはメモリ管理がスウィフトで自動機能しますので、メモリ管理について開発者が考える必要がありません。ARCは、自動的に使用していないクラスインスタンスのメモリを解放します。

[[code type="cpp"]]
[[code type="cpp"]]
[[code type="cpp"]]
[[code type="cpp"]]

※「自動参照カウント(ARC)」はまだ工事中です。まず「Swiftの全貌を探る」シリーズの記事を参考してください。

まずSwiftの機能を簡単にサンプルで確認しましょう。


シリーズ

記事のリスト

  • 自動参照カウント(ARC)

レーティング

評価: 0+x
当サイトコンテンツライセンスについて個別な指定がなければCreative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Licenseをベースします。転載や引用は大歓迎です。但し、転載・引用・二次利用の場合は当サイト記事へのURLをリンクし出典を明記してください。各作品を大切にして下さい。 また、記事及びコメントを投稿する皆さまも上記のライセンスを理解した上投稿して下さい。 当サイトのコンテンツは皆さまの投稿で作成されますから、当サイトの意思を反映しておりませんが、第三者の知的財産権などの侵害がある場合、当サイトの運営担当にご連絡ください。